ご入会について

ご入会までのステップ

入会時に必要となる書類

 

 ご入会時に必要書類をご提出いただきます。

なお、ご本人確認書類以外の必要書類については、入会手続き当日に揃っていなくても構いません。後日の提出でも承っております。

必要な書類はすべて揃える為に1週間ほどお時間が掛る場合がございますので、ご入会後すぐご活動されたい場合は、あらかじめお手元に書類を揃えておく事をお勧め致します。

実際にお相手を探す活動を開始いただく前にすべての提出が完了していることが必要となります。

 

当社にご提出頂いた書類に基づき、当入会審査を致しております。

書類に不備のない、審査に通った方のみ会員様として登録させて頂いておりますので、皆様はお相手様プロフィール等、ご安心して閲覧・ご活動して頂けます。

 

レギュラーコース 

 

★ご本人確認書類(運転免許証/パスポート/住民基本台帳等など、氏名・住所・生年月日の確認できる公的な証明書)※社員証などは不可

 

★プロフィール写真[顔・全身](縦横比4:3のもの/スマホ撮影でも可)

 

★独身証明書[3ヶ月以内に発行されたもの]

※独身証明書は、本籍所在地の役所で取得できます。役所から郵送による発行も可能です。

 

 

エグゼクティブコース 

 

★ご本人確認書類(運転免許証/パスポート/住民基本台帳等など、氏名・住所・生年月日の確認できる公的な証明書)※社員証などは不可

 

★プロフィール写真[顔・全身](縦横比4:3のもの/スマホ撮影でも可)

 

★独身証明書[3ヶ月以内に発行されたもの]

※独身証明書は、本籍所在地の役所で取得できます。役所から郵送による発行も可能です。

 

★収入証明書[男性のみ](源泉徴収票/確定申告書など)

 

★学歴証明書(卒業証書/卒業証明書)[大学卒以上の方のみ]※コピーでも結構です

 

 

 

 

 

結婚相談所入会に必要な書類の準備~卒業証明書とは~

卒業証書のコピーで結構です。 

大学のキャンパスまで行かれて卒業証明を発行して頂くには手間と時間が掛る為です。

また独身証明書に関しましては、改めてご説明させていただきます。

必要な書類はすべて揃える為に1週間ほどお時間が掛る場合がございますので、ご入会後すぐご活動されたい場合は、あらかじめお手元に書類を揃えておく事をお勧め致します。

必要書類が多いほど、安心して婚活できる

少し面倒に感じるかもですが、この書類提出が細かい程、

逆にあなたのお相手になる方も十分な審査に通過した方という事になります。

 

 

 

あなた自身の安心にも繋がる規定なので、

お互い様という思いで気持ち良い心持で

提出されて下さいね。

 

 

 

書類提出で審査に通ればいよいよ入会です。

 

 

 

入会後は、提出された書類を元にプロフィールの作成や

希望を伺うヒヤリングなどなどが待っています。

 

 

 

入会作業はスムーズに、1日でも早く済ませたいものですよね。

取り寄せた資料を元に、また不明な点は事前に問い合わせをするなどして、

提出書類に不備がないように、十分な準備をしてくださいね。

 

 

 

 

 

必要な書類が細かければ細かいほど、

多ければ多いほど、安心して婚活が出来る証明です。

 

 

 

結婚相談所への入会資格とは もし結婚相談所に入会するにあたって、審査が無く誰でも入会できたとしたら、プロフィールに嘘があってもわからないので安心して結婚相手を探す事が出来ません。審査はご自身の安心の為でもあります。

 

・独身者である事

当たり前の事ですが、結婚相談所は皆様、結婚を前提に入会しております。

ですので、結婚する為の第一条件として既婚者は参加できません。入会審査の段階でこれが一番重要な事になります。

ここの規定がないと、それこそ合コンやコンパや飲み会等の出逢い系と変わらなくなってしまいます。

この安心感こそが結婚相談所の最大の魅力とも言えます。

 

・心身ともに健康であり、結婚生活に支障がない事

次に、どちらの結婚相談所の規約にも記載されているのが、心身ともに健康であり、結婚生活(経済的・身体的・精神的)に支障のない方という規約です。これはほとんどの結婚相談所で設けている項目です。

他にも利用者本人又はその二親等以内の親族が、いわゆる反社会的勢力若しくは反社会的活動を行う団体に所属し、又はこれらと密接な関係を有していない事という規約もあります。

これらに記載した規約があると、より安心して入会できると思います。だいたいの結婚相談所は上記規約がありますので、全て確認した上で入会される事をおすすめ致します。

 

・身分証明書での本人確認が可能な事

入会者の身元や収入等の確認を得て入会するのが特徴です。

女性の場合はその際に、無職やパート・アルバイトでも入会が可能です。

 

・定職を持ち、一定の収入条件を満たしている事

男性が無職や無収入の場合は、入会審査において入会をお断りされる場合もあります。

また、例えば株やFX等での定期収入がある、ギャンブルでの収入がある等、個人収入で収入がある男性も審査には通りません。

中にはデイトレーダーとして億単位を稼いでいらっしゃる方もいらっしゃいますが、残念ながらいくら収入があっても結婚相談所に入会する事はできないのです。

 

女性が結婚相手に求めているのは「安定」です。これは雑誌やインターネットのアンケートでも常に上位をキープしています。危ない橋を渡って得る一時的な高収入を求めているのではなく、あくまでも安定して一定の収入が見込める社会的信用が重要視されるのです。

入会審査基準の一例としては「法人に就職しているか、法人を経営している事」をイコール社会的な信用という意味合いで捉えているようです。

 

・一定の年齢条件を満たしている事

それぞれの結婚相談所によって年齢に多少制限があります。おおよそ18歳以上、もしくは20歳以上です。逆に何歳までという上限を設けている結婚相談所もありますが、ほとんどの相談所は設けていないようですので安心して下さい。

 

・一定の学歴条件を満たしている事

クオリティの高い結婚相談所では、最終学歴の条件を男性が大学卒業以上、女性も短期大学卒業以上と入会資格を設けている場合もあります。

 

・その他の入会条件

結婚相談所のコースによって入会資格が多少異なります。

一般的に多いのが男性の職業が「医師・弁護士・公務員」等の条件です。やはり女性に人気の職種だからでしょう。また、職業を問わず「年収が○○円以上ある」という一定の年収規定を定めて入会資格にしている場合もあります。

シニアコースであればシニア世代である事、再婚コースであれば、過去に結婚歴があり、再婚相手を探している事が入会資格です。この中にはシングルマザーである事が入会資格のコースもあります。

エリート職に就いている事や、海外勤務をしている事が入会資格である結婚相談所もあります。

また、男女共にタバコを吸わない事が入会資格になっている相談所が増えているのが最近の傾向です。

結婚相談所のポリシーやコースによって入会資格は変わってきますので、自分に合った入会資格の相談所やコースを探しましょう。

結婚相談所の入会基準は安心して活動するためのもの

このように結婚相談所の多くは、入会資格を定めて審査が行われ、審査に通った段階で晴れて結婚相談所に入会する事が決まります。

結婚相談所の入会資格を定めていない、逆に言うと誰でも入会できる結婚相談所は、あまり良い結婚相談所とはいえないと思います。

なぜなら、むやみやたらと会員を集めてお金を儲けようと思っているだけの、ずさんな結婚相談所という判断も出来ますから、入会資格や会員資格は結婚相談所を選ぶときに必ずチェックしておきたい項目です。

また、自分が入会を希望する結婚相談所の会員資格をクリアできているのかを、今一度確認してから資料請求をする方が、後々の入会手続きがスムーズに進みます。

 

難しく説明してしまいましたが、各結婚相談所で必要な書類を正しく提出して、間違いなく本人であるかどうかの確認と、プロフィールを偽っていないか確認する為のものなので、よほどの事が無い限り、通常でしたら男性・女性ともにスムーズに入会審査をクリアできると思われます。